開催中のイベント
その他
クリスマスえほんライブ
2019年12月15日
人気絵本作家「tupera tupera」と学生による読み聞かせイベント
講座・講演
国性爺合戦と鄭成功 東アジアの視点からみたドラマトゥルギー
2019年12月15日
登壇:木ノ下裕一、高橋宏幸、新田幸生、久野敦子、森山直人、ワン・チョン
講座・講演
2019年度 公開連続講座 「日本芸能史」~女性と芸能
2019年04月15日 〜 2019年12月23日
学習意欲のある方なら、どなたでも受講いただけます。
展覧会
芸術館秋季特別展 平成と縄文のあいだ
2019年11月28日 〜 2019年12月24日
縄文土器をはじめとしたコレクション展
展覧会
ぼくとわたしとみんなのtupera tupera絵本の世界展
2019年11月23日 〜 2019年12月25日
こども芸術学科客員教授の「tupera tupera」が見せる絵本の世界
注目のイベント
展覧会
フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート
2019年12月03日 〜 2019年12月15日
「KUAD ANNUAL 2020」第3弾プレビュー展

鼓童 ワン・アース・ツアー2019「道」

日程 2019年12月14日(土)〜 2019年12月15日(日)
時間 13:00(開演は開場の30分前)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

昨年、大好評だった「道」をさらに磨きをかけて上演します。
前身の “佐渡の國鬼太鼓座” も含め、約半世紀の歳月をかけて継承し、
練り込まれた、鼓童にとって根幹ともいえる公演。
昨年に続き鼓童の代表・船橋裕一郎の演出のもと、王道を貫く、
これぞ鼓童の演奏に、また新たな感動が沸き起こります。

≪出演≫太鼓芸能集団 鼓童
≪演出≫船橋裕一郎(鼓童)


まずは劇場で生の音を体感してみませんか?
太鼓は、叩けば音が出るというシンプルな楽器です。
しかし、その音や響きは、複雑にして多彩、ひとつとして同じにはなりません。
打つ人間も当然、身体、年齢、背景など、それぞれの個性を有します。
そのような楽器、そして様々な打ち手が日々の鍛錬のなかで奏でる音の表現は、言語の壁を超え、人間の本能を揺さぶります。
本公演『道』は、前身の佐渡の國鬼太鼓座時代(1971~81)も含め、約半世紀の歳月の中で継承してきたものを基調に構成されます。
鼓童にとって古典ともいえる演出を継続しながら、新たな創造活動に向けた礎を確かなものにします。
古典を続けるということは、同時に変化することに対し、常に柔軟な身体と思考を持ち合わさなければなりません。
我々は継承されてきたものの本質を探り、行きつ戻りつを繰り返しながら、今この時を大切に『道』を歩みます。
今この場でしか味わえない生の体感。
―血沸き、肉躍る。―
演出 船橋裕一郎

【チケット情報】
≪全席指定≫
・京都芸術劇場友の会先行発売 9月10日(火)
・一般発売           9月12日(木)
※友の会先行発売は9月2日(月)までのご入会でご利用いただけます。劇場ホームページよりお申込みください。

〇一般  6,000円
〇京都芸術劇場友の会 5,000円
〇学生&ユース 3,000円(座席限定)
※未就学児童の入場はご遠慮下さい。

【託児サービス(要事前予約)】
対象:生後6ヶ月以上7歳未満
料金:お子様1名に付き1,500円
申し込み:9月12日(木)〜12月6日(金)17:00まで
予約・お問合せ:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター(平日10~17時)TEL 075-791-9207

■費用 一般 6,000円 京都芸術劇場友の会 5,000円 学生&ユース 3,000円(座席限定)
■定員 京都芸術劇場 春秋座
■申込方法 【京都芸術劇場チケットセンター】TEL075-791-8240  【劇場オンラインチケットストア】http://k-pac.org/ *要会員登録(無料)
■主催 京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
■お問合せ 京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240
■URL http://k-pac.org/?p=7096