開催中のイベント
展覧会
WEB SPURT 2020
2020年08月03日 〜 2020年08月17日
京都芸術大学大学院 修士2年生 作品展。今年はwebにて開催。
展覧会
ART in LIFE, LIFE and BEAUTY
2020年07月22日 〜 2020年09月13日
山本太郎先生や客員教授山口晃先生が出品!
展覧会
神宮の杜芸術祝祭「紫幹翠葉-百年の杜のアート」
2020年07月10日 〜 2020年09月27日
ミヤケマイ先生や椿昇先生らが「紫幹翠葉-百年の杜のアート」に出品!
注目のイベント
展覧会
WEB SPURT 2020
2020年08月03日 〜 2020年08月17日
京都芸術大学大学院 修士2年生 作品展。今年はwebにて開催。

「壁と人との新しい関係展」

日程 2019年11月26日(火)〜 2019年12月08日(日)
時間 12:00 〜 20:00
場所 MEDIA SHOP
場所詳細 京都市中京区河原町大黒町44 VOXビル1F
カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

11月26日から12月8日まで、京都・三条河原町のMEDIA SHOPにて、京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科の展覧会が開催されます。
本展は、授業の一環として取り組んだもので、「壁」と「人」との関係性を再考するというもの。
ぜひ、お立ち寄りください!


以下、DMより転載
-------------

壁は、私達の暮らしに必要不可欠なものです。
しかし、普段はそこに在ることを意識されない・・、そういうものでもあります。

在ることで受けている恩恵はたくさんありますが、在ることが当然過ぎて共に過ごしていることは意識されません。
それは、壁が環境そのものを構築する役割を担っているからだと言えます。壁が構築した環境の中で自らが過ごす事や、その中に何かを収めることをあたかも当然のように捉え、私達は行動しています。

また、壁と私達の付き合いは長く、原初の人類から壁のおかげで寒さ暑さをしのぎ、後世に伝わる記録を残し、壁で囲まれた箱を保管のための道具にも使いました。

そんな壁と我々の関係について、プロダクトデザインの視点で探求した結果を今回は展示します。
壁の歴史と現在の暮らしに於ける位置づけを整理した後、壁が人に与える影響 と 人が壁に与える影響 という二つの軸で関係を深掘りしてゆきます。
そして、壁と私達の間にある関係性を再考し、それを具現化する新たな道具を提案します

芸術大学が研究として壁を捉えた時、どんな形と機能がそこに現れるのでしょうか?
壁をはじめ、その存在が意識され難いものが多く存在する現代で、改めて人と物との関係性を考え直す探求の成果です。

是非、御高覧下さい。

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科
准教授 大江孝明

-------------

■費用 無料
■定員
■申込方法
■主催 京都造形芸術大学
■お問合せ
■関連教員 大江 孝明(プロダクトデザイン学科 准教授)
関連機関 プロダクトデザイン学科