開催中のイベント
展覧会
ビビビット展
2020年02月14日 〜 2020年02月21日
学生デザイナーによるデザイン展。京都造形芸術大学から8名の学生が参加。
展覧会
第12回恵比寿映像祭
2020年02月07日 〜 2020年02月23日
美術工芸学科写真・映像コース専任教員の多和田有希さんらによる展示
展覧会
_act_RELATE つたえる を つくる展
2020年02月11日 〜 2020年02月23日
卒業生・城下浩伺さん所属の_act_× 豊中市の企画展覧会
展覧会
HINOKUNI
2020年02月12日 〜 2020年02月24日
山本太郎准教授らのグループ展が開催!
展覧会
香川県文化芸術新人賞展
2020年02月08日 〜 2020年02月24日
本学大学院修士課程修了の安冨洋貴さんによる作品展
注目のイベント
展覧会
KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク
2020年02月23日 〜 2020年02月26日
世界の教科書としての現代アート
講座・講演
市川猿之助×杉原邦生トークセッション『新版オグリ』歓喜への道
2020年03月07日
京都芸術劇場 春秋座 市川猿之助芸術監督プログラム

intext 個展

WHAT’S THE COLOR OF MIRROR

日程 2019年12月21日(土)〜 2020年02月02日(日)
時間 (14:00–00:00 (MID NIGHT)/火曜休廊)
場所 幺八二空間 182 ART SPACE (台南 / 台湾)
場所詳細 No. 182, Xinmei Street, West Central District, Tainan City, 台湾 700
カテゴリ 展覧会
エリア その他の地域

情報デザイン学科見増勇介先生が参加するアートユニットintextの個展が、台湾の幺八二空間 182 artspaceで開催中です。

以下所属ギャラリーSTANDING PINE SNSより転載-------------------

台南の182artspaceにて、intextの個展が開催されます。intextはグラフィックデザイナーの見増勇介、外山央とプログラマーの真下武久で構成されるアートユニットです。彼らは文字や映像、音による情報伝達のあり方を捉え直し、メディアに潜む普遍的なメッセージを見出すことに関心を持ちます。近年では、「DEATH OF FUNCTIONS」と題したテーマのもと、本や辞書を改変・加工して本来の役割を無効化させる作品によって、文字や言語に潜む、コミュニケーションと文化の根元的なメッセージを見事に表出させ、アートバーゼル香港2018のインサイト部門などでも注目を浴びました。「WHAT'S THE COLOR OF MIRROR?」と題された本展では「DEATH OF FUNCTIONS」のテーマを引き継ぎつつ、インテクストが現在関心を持つ「不定」にフォーカスを当てた作品を新たに加え、幺八二空間 182 artspaceの2フロアを使う規模の展示を行います。

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 -
■お問合せ https://www.facebook.com/182artspace/
■関連教員 見増勇介(情報デザイン学科専任講師)
関連機関 情報デザイン学科