開催中のイベント
講座・講演
小㞍健太オンラインダンスワークショップ
2020年09月21日 〜 2020年09月22日
「創るプロセスを知る、考える/表現を言葉にする」
展覧会
神宮の杜芸術祝祭「紫幹翠葉-百年の杜のアート」
2020年07月10日 〜 2020年09月27日
ミヤケマイ先生や椿昇先生らが「紫幹翠葉-百年の杜のアート」に出品!
展覧会
「踊り場と耕作」
2020年09月14日 〜 2020年10月18日
髙橋耕平先生たち7名のアーティストによるグループ展

Kyoto Art for Tomorrow 2020 ―京都府新鋭選抜展―

卒業生・宮永愛子さん(芸術研究科客員教授)が特別出品

日程 2020年01月25日(土)〜 2020年02月09日(日)
時間 10:00 〜 18:00(金曜日は19:30まで。入場はそれぞれ30分前まで。月曜休館)
場所 京都文化博物館3階展示室
場所詳細 京都市中京区三条高倉

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

京都造形芸術大学美術科彫刻コース卒業生で現代美術家の宮永愛子さん(大学院芸術研究科客員教授)が「Kyoto Art for Tomorrow 2020 ―京都府新鋭選抜展―」に特別出品作家としてインスタレーションを特別展示します。

ーーーーー以下、京都文化博物館HPより引用

本展は、京都の地で新しい芸術の創造に取り組む新進の若手作家を顕彰し紹介する展覧会として、60年以上にわたる長い歴史を有しています。
京都文化博物館の本館では、選考委員により選抜された才能あふれる若手作家40名の作品を展示します。また別館ホールでは、京都府新鋭選抜展出身作家であり、近年国際的に大きな注目を集める現代美術家、宮永愛子によるインスタレーションを特別展示します。
 伝統に新たな価値観を取り入れながら革新を重ねる京都の芸術文化を背景として、現代を生きる若い作家たちがみずみずしい感性で時代を切り開き、新しい歴史を紡いでゆく瞬間に、どうぞお立ち会いください。

特別出品作家 宮永愛子
1974年京都生まれ。2008年東京藝術大学大学院修士課程修了。日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩、陶器の貫入音や葉脈を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。2013年「日産アートアワード」初代グランプリ受賞。主な個展に「宮永愛子:漕法」高松市美術館(香川、2019)、「みちかけの透き間」大原美術館有隣荘(岡山、2017)、「宮永愛子:なかそら―空中空―」国立国際美術館(大阪、2012)など。

■費用 一般500円 大学生400円 高校生以下無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都府、京都文化博物館
■お問合せ 京都文化博物館(075-222-0888)
■URL http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/kyotoartfortomorrow2020/
■関連卒業生 宮永愛子(美術科彫刻コース、大学院芸術研究科客員教授)