開催中のイベント
展覧会
COLLECTIONS ! COLLECTIONS !
2019年02月23日 〜 2020年04月26日
美術工芸学科仁尾敬二教授が出品するタペストリーとテキスタイルアートの展示
展覧会
さいたま国際芸術祭2020
2020年03月28日 〜 2020年05月17日
美術工芸学科ミヤケマイ教授が出展
注目のイベント
展覧会
【中止】「STEAM THINKING―GIG」展
2020年04月04日 〜 2020年04月05日
【中止】ヤノベケンジ教授と美術工芸学科2年生大野裕和さんによる作品

2019年度 共生の芸術祭 DOUBLES+

日程 2020年02月20日(木)〜 2020年03月02日(月)
時間 10:00 〜 18:00
場所 瓜生山キャンパス ギャルリ・オーブ
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

【概要文】
きょうと障害者文化芸術推進機構が中心となり毎年開催される「共生の芸術祭」。2019年度は11月16日から27日にかけて、京都府立京都学・歴彩館1F小ホールを会場にして開催されました。今年度のテーマは「ダブルス」。その概要文は以下のようなものでした。

きょうと障害者文化芸術推進機構と京都造形芸術大学アートプロデュース学科が連携し、2019年度 共生の芸術祭「DOUBLES」を開催いたします。障害を持つ人が作ったものが美術館やギャラリーに展示されると、それは「作品」と呼ばれ「作者」の個性と結び付けられるようになります。本展が注目するのは、作られたものが「作品」となるその一歩手前です。本展に出展される「作品」は展示のために作られたものではありません。誰かと何かと関わりながら共に生きてきた日々のささやかな振る舞いの蓄積が「作品」に繋がっています。
本展では、こうした「作品」の一歩手前にある共生の営みを、一方向的な介助や補助というよりは、相互的なダブルスと言い表します。障害を持つ人の「作品」を「作者」の個性に帰属させるのではなく、介助や補助の帰結とみなすでもなく、“誰かと何か”と共に生きるダブルスの軌跡として捉えること。その時、誰かと何かと共に生きる技術としての「共生の芸術」のエッセンスが「作品」に潜んでいることに気がつくでしょう。
2020年2 月20 日(木)〜3 月2 日(月)には、本展を新たに再構成した巡回展を京都造形芸術大学Galerie Aube / ギャルリ・オーブにて開催いたします。こちらにも是非足をお運びください。

2020年2 月20 日(木)から3 月2 日(月)にかけて京都造形芸術大学ギャルリ・オーブを会場に開催される本展では、2019年11月に開催された展覧会「DOUBLES」を改めてアートプロデュース学科が再展示します。本展では、11月の展示から引き継いだ「ダブルス」というコンセプトをより普遍へと切り開くべく、「DOUBLES+」という新たなタイトルのもと、以前の展示を大きく展開し拡張していきます。ともすれば誰かと何かとともに生きるという営みは、あまりに自明かつ平凡であるがゆえに興味をひくことはないかもしれません。しかし、そのささやかな営みは、実は繊細な豊穣さを湛えているのです。本展では共に生きるという「共生の芸術」の豊穣さの一端に触れていただけることでしょう。きょうと障害者文化芸術推進機構と京都造形芸術大学アートプロデュース学科の、およそ一年に渡るダブルスの成果を是非、御覧ください。

【出展作家】
美濃彩子+歌舞伎俳優(MINO Ayako+Kabuki Actor)
中根恭子+支援スタッフ(NAKANE Kyoko+Support Staff)
須田久三+喫茶店オーナー(SUDA Kyuzo+Coffee Shop Owner)
佐久間宏+歴代支援員(SAKUMA Hiroshi+Successive Care Worker)
杉浦篤+大切な思い出(SUGIURA Atsushi+Precious Memories)
愛ちゃん+ネギ(Ai-chan+Raw Cibol)
アーティスト+キュレーター(Artists+Curator)
おおむら先生+こどもたち(Ms. Omura+Kids)
中西さとか+ミミちゃん(NAKANISHI Satoka+Mimi-chan)
中野達樹+じいちゃん(NAKANO Tatsuki+Grandpa)

【イベント情報】
トーク・セッション:「ダブルス」から考える
日時:2020年2月20日(木)15:00〜16:30
会場:京都造形芸術大学 Galerie Aube/ギャルリ・オーブ

スピーカー
柿木真菜(きょうと障害者文化芸術推進機構)
小川俊一(きょうと障害者文化芸術推進機構)
山城大督(京都造形芸術大学アートプロデュース学科)
林田新(京都造形芸術大学アートプロデュース学科)



【会場構成】
dot architects 広報デザイン:中崎航

【協力】
社会福祉法人 みずなぎ学園 みずなぎ鹿原学園、社会福祉法人 安積愛育園 障がい支援施設あさかあすなろ荘、社会福祉法人 豊中きらら福祉会 ワークセンターとよなか、
社会福祉法人 みぬま福祉会 川口太陽の家・工房集、喫茶ギャラリー さろん淳平、capacious、社会福祉法人 安積愛育園 はじまりの美術館、大村京子(ei-roomスタッフ)、
太田朋香、澤田遊星、高尾岳央、戸田樹、福島良平、宮地ひなの(順不同)

■費用 入場無料
■定員
■申込方法 申込不要
■主催 京都造形芸術大学アートプロデュース学科、きょうと障害者文化芸術推進機構
■お問合せ 京都造形芸術大学アートプロデュース学科(TEL:075-791-9296 FAX:075-791-9492)
■関連在学生 アートプロデュース学科 ARTZONE
■関連教員 林田新(京都造形芸術大学アートプロデュース学科 専任講師)、山城大督(京都造形芸術大学アートプロデュース学科 非常勤講師)
関連機関 芸術表現・アートプロデュース学科