開催中のイベント
展覧会
Colors -染めの世界・八幡はるみと卒業生-
2021年09月25日 〜 2021年10月06日
美術工芸学科・八幡はるみ先生と卒業生による展覧会
講座・講演
大学生と学ぶ 対話型鑑賞ファシリテーション講座
2021年07月10日 〜 2022年01月23日
ACOP主催講座、2021年度受講生募集中!

大学開学30周年記念・劇場20周年記念公演

KUNIO10『更地』

日程 2021年10月09日(土)〜 2021年10月10日(日)
時間 14:00(※開場は開演の45分前)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細 京都市左京区北白川瓜生山町2-116, 京都芸術大学内

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

演出家・杉原邦生は、本学在学中の2004年に立ち上げた、自身が主宰するプロデュース公演カンパニーKUNIOでの活動を軸に、コンパクトな小劇場空間からダイナミックな中・大劇場空間まで自在に行き来し、扱う題材もギリシャ悲劇、歌舞伎など国内外の骨太な古典演目から新作現代劇までヴァラエティに富み、まさに八面六臂の活躍をしています。2021年3月『藪原検校』では春秋座芸術監督である四代目市川猿之助を主演に迎え、井上ひさしの傑作戯曲を現代の物語として大胆に甦らせた杉原が、大学時代の恩師でもある劇作家・演出家、太田省吾の代表作のひとつ『更地』を上演します。

東日本大震災の翌年、KYOTO EXPERIMENT2012にて本作をはじめて演出。戯曲の設定と異なる若い俳優をキャスティングすることで、二人の男女が「未来」の希望へと向かう新たな物語として再創造し、大きな注目を集めました。今回は夫婦役に、安定した演技力で舞台での活躍が目覚ましい南沢奈央と、『オレステスとピュラデス』(杉原邦生演出)でのタイトル・ロールも記憶に新しい濱田龍臣を迎えます。

コロナ禍における社会状況の変化に伴い、常識が覆され、価値観が揺さぶられているいま、若手実力派キャストとともに演出家の原点ともいえる本作を再び世に問います。

■費用 一般 5,500円 / 友の会 5,000円 / 学生&ユース席 2,500円
■定員 京都芸術劇場 春秋座
■申込方法 【京都芸術劇場チケットセンター】TEL075-791-8240  【劇場オンラインチケットストア】http://k-pac.org/ *要会員登録(無料)
■主催 京都芸術大学舞台芸術研究センター
■お問合せ 【京都芸術劇場チケットセンター】TEL075-791-8240 (平日10-17時)
■URL https://k-pac.org/events/569/