開催中のイベント
展覧会
水を招く~干ばつの大地に水路を通した中村 哲医師と仲間たち~
2022年10月01日 〜 2022年10月31日
中山博喜先生が北九州にて写真展を開催!

京都芸術大学 アートプロデュース学科 企画

高槻城公園芸術文化劇場 開館記念プレイベント 高槻芸術時間『インタールード』

日程 2022年09月17日(土)〜 2022年09月25日(日)
時間 (9/20(火)は休館)
場所 〒569-0077 大阪府高槻市野見町2-33 高槻現代劇場 (高槻市立文化会館)
カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

高槻芸術時間『インタールード』は、高槻城公園芸術文化劇場の開館記念プレイベントとして、高槻市、公益財団法人高槻市文化スポーツ振興事業団と京都芸術大学アートプロデュース学科が協働して開催します。
文化施設の建て替えという50年に一度の「幕間」に、懐かしいのに新しい、古びているのに新鮮な芸術時間を創造し、これからの芸術文化を育て、 市民活動を支援する高槻城公園芸術文化劇場への歴史につなげていきます。

参加無料のイベントです。本イベントについて、添付pdfのフライヤーデータなどご活用の上、ぜひ学生へのご周知をいただきたくお願い申し上げます。
また、教職員のみなさまもぜひご参加くださいませ。

「インタールード(interlude)」とは、劇の「幕間(まくあい)」に上演される短い喜劇や音楽の「間奏」の意味です。
2022 年7月、高槻市の方々が長年親しんできた高槻現代劇場 市民会館の幕が降り、2023 年 3 月には高槻城公園 芸術文化劇場の歴史が開幕します。
その合間の 8日間だけ、思い出と驚きが出会うアートの時間が現れます。

第1幕は、市民会館の探検です。1964 年に建てられたこの建物は、市民活動の拠点であり、かつては結婚式場でもありました。
たくさんの時間と思い出が詰まった市民会館を、アーティストの梅田哲也がリサーチし、建物そのものを現代アート作品に変身させます。
7 月に閉じられた入口が再び開き、バックヤードから舞台へ、畳の和室からエントランスへ。旅するように巡ると、懐かしい場所が初めてみる風景へと変容していきます。

第2幕は、高槻の街中へ。市民会館で配布される「冒険の書」を手がかりに、観客それぞれが高槻の街を散策するちょっと不思議な時間が始まります。
2人組のアートコレクティブorangcosong(オランコソン)は、世界各地で都市を探検する遊歩型ツアープロジェクト『演劇クエスト(ENGEKI QUEST)』を創作してきました。
今回は、高槻の街を実際に歩いて調べ、書き下ろした新作を披露します。


主 催:高槻市、公益財団法人高槻市文化スポーツ振興事業団
共 催:京都芸術大学
企 画:京都芸術大学アートプロデュース学科
助 成:公益財団法人セゾン文化財団
アーティスティック・ディレクター:山城大督(京都芸術大学)

①市民会館の探検
梅田哲也 『9月0才』
世界各地で活躍する現代アーティスト梅田哲也が、閉館した高槻現代劇場 市民会館(1964開館)の館内を使い、この時だけの特別なツアー形式の展覧会を発表します。来場者は、不思議な現代アート作品に変貌した大ホール、元結婚式場、会議室、ロビーなどの様々な空間をガイドの誘導のもとで巡ります。

■ 9月17日(土)~9月25日(日)(9月20日(火)を除く)
  各日13:00~18:40
  各回開始時間(10分前までに受付をお済ませください)
  13:00 13:20 13:40 14:00 14:20 14:40
  15:00 15:40 16:00 16:20 16:40
  17:00 17:40 18:00 18:20 18:40

■ 高槻現代劇場 市民会館
■ 参加無料(要事前申込・受付中)
■ 申込方法 WEB、 または電話、 窓口で。

■ ご参加にあたっての注意事項
  ※WEB、 電話でのご予約は前日まで。
  ※当日の参加申込は、 空きがある回に限り、 昼12時より現地にて受付。
  ※鑑賞時間の目安は約1時間。
  ※小学生以下の参加は要保護者同伴。
  ※ 車椅子でのご来場や、 ハンディキャップをお持ちの方は申込みの際にお知らせください。

梅田哲也(うめだてつや)
建物の構造や周囲の環境から着想を得たインスタレーション(場所や空間全体を作品として体験させる芸術)を制作。
先鋭的な音響のアーティストとしても国際的に知られている。


②高槻の街中へ
orangcosong 『演劇クエスト 高槻編』
「冒険の書」に書かれた選択肢を手がかりに、観客ひとりひとりが町の中を歩いて物語を進めていく、自由度の高い遊歩型ツアープロジェクト。
世界各地で創作されてきたユニークな作品の高槻バージョンです。まずは高槻現代劇場 市民会館で配布される「冒険の書」を手に入れてプレイしよう。高槻の町をさまよう不思議な時間が始まります。幸運を祈る!

★「冒険の書」配布期間・場所
■ 9月17日(土)~9月25日(日)(9月20日(火)を除く)
  各日12:00~19:00
■ 高槻現代劇場 市民会館
■ 参加無料(申込不要)
■ ご参加にあたっての注意事項
  ※当日は歩きやすい服装で。
  ※ 昼間のみ冒険可。 日没以降に「冒険の書」を手に入れた場合は翌日以降のプレイをお願いします。
  ※プレイ時間の目安は、第一章(チュートリアル)は約30分。以降の章については「冒険の書」に記載。
 ※ アーティストや他の冒険者たちとの直接対話する感想シェア会も予定しています。 詳細はインタールードSNSや#engekiquestをチェック。

orangcosong(オランコソン)
横浜を拠点に世界各地で活動する藤原ちからと住吉山実里によるアート・コレクティブ(※)。
演劇クエストは、これまで東京、 マカオ、 ローザンヌなど12都市23ヵ所で展開。
※プロジェクトごとにさまざまなメンバーとともに創作を行い、新たな表現方法などを模索すること。

・公式WEBサイト:https://inter-lude.net/
・Twitter:https://twitter.com/interlude_info
・Instagram:https://www.instagram.com/interlude_info/
・Facebook :https://www.facebook.com/105728075480381/

会場
高槻現代劇場市民会館
〒569-0077 高槻市野見町2-33

アクセス
阪急京都線「高槻市駅」から徒歩5分
JR京都線「高槻駅」から徒歩12分

■費用 参加無料
■定員 梅田哲也 『9月0才』は要事前予約・先着順
■申込方法 梅田哲也 『9月0才』申込方法 〇WEBから…下記URLからお申込みください。〇窓口、電話から…高槻市野見町2-33高槻現代劇場072-671-9999(10:00~17:00)※月曜休館・祝日除く
■主催 高槻市、公益財団法人高槻市文化スポーツ振興事業団
■お問合せ 高槻現代劇場 072-671-9999(10:00~17:00)
■URL https://www.takatsuki-bsj.jp/contact/1262c8f2c171e8e/
https://inter-lude.net/
関連機関 芸術表現・アートプロデュース学科