開催中のイベント
展覧会
画心展 -selection vol. 15-
2018年06月15日 〜 2018年06月28日
日本画コース選抜展覧会
展覧会
通信教育部准教授 勝又公仁彦先生の個展
2018年06月08日 〜 2018年06月30日
『Right Angle-white next to white-』
展覧会
ROCK:POWER,SPIRIT&LOVE
2018年06月09日 〜 2018年07月01日
ヤノベケンジ教授の作品が展示
展覧会
霧霾|Wu-Mai
2018年05月22日 〜 2018年07月07日
美術工芸学科卒業生の顧 剣亨さんによる個展
展覧会
【ARTZONE】「写真になった男」
2018年06月16日 〜 2018年07月16日
山田弘幸個展

テーマ研究1「近代日本語における〈声〉と〈語り〉」/テーマ研究3「『マルチメディア・シアターの再定義』をめぐる実践的研究」

『繻子の靴』上演のための実践的研究

日程 2014年10月05日(日)
時間 15:00 〜 17:00(10月5日(日)15:00開演(14:30開場))
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

クローデルの壮大な戯曲を舞台化する試み

フランスの劇作家、ポール・クローデル(1868~1955)が大使として滞日中に完成させた『繻子の靴』は、「1日目」~「4日目」と名づけられた四部構成による戯曲です。

大航海時代の新旧両世界を舞台にした、若き人妻ドニャ・プルエーズと騎士ドン・ロドリックの、カトリック世界では許されない恋を描いた作品で、全曲上演すれば15時間を超える大作です。

昨年度より研究会および劇場実験を重ねてきた【近代日本語における〈声〉と〈語り〉】をテーマに、このフランス語韻文劇の伝統と日本の伝統演劇を意識し翻訳された舞台の日本語が実際に上演されるとき、どのような可能性が見えてくるのかを探ります。

同時に、【「マルチメディア・シアター」の再定義をめぐる研究】として、戯曲のもつ壮大な世界観を、映像/音/光という要素で追究します。
この二つの成果を、ワーク・イン・プログレスとして上演します。


15:00~16:00 解説 渡邊守章、浅田彰(批評家/京都造形芸術大学大学院学術研究センター所長)

16:00~17:00(予定) 『繻子の靴』上演
1日目第5場(「聖母への祈り」)、2日目第13場(「二重の影」)・第14場(「月」)、3日目第8場(「プルエーズの夢―守護天使」) より抜粋上演


作:ポール・クローデル
翻訳・構成・演出:渡邊守章
映像・美術:高谷史郎


※未就学児童のご入場はご遠慮下さい。

■費用 <全席自由>入場無料
■定員 -
■申込方法 申し込み不要
■主催 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
■お問合せ 京都造形芸術大学 共同利用・共同研究拠点事務局 Tel:075-791-9437
■URL http://www.k-pac.org/performance.html#p20141005
http://www.k-pac.org/
■関連教員 浅田彰(大学院学術研究センター所長)