おおのぎ ひろと

大野木 啓人(空間演出デザイナー)

大野木 啓人(空間演出デザイナー)
所属 空間演出デザイン学科
職位 教授
役職 学校法人瓜生山学園 常務理事
ものづくり総合研究センター 所長
専門分野 空間演出デザイン
学会・学派 現代風俗研究会、日本商業施設学会、近代産業遺産再生学会
学位 学士(芸術) 〔京都市立芸術大学〕
プロフィール 京都市立芸術大学彫刻科卒業。1967年から個展、公募展、グループ展で彫刻作品を発表。1972年からディスプレイの仕事を中心に立体造形を担当。1983年三宅一生『ボディワークス』で人形製作を担当。以降、ファッションデザイナーと組み、多くの新しいマネキンを発表。主な参加作品として三宅一生『ハート展』、『AUN展』、毛利臣男『毛利の服』、川久保玲『THREE WOMAN展』など。また、国立民族学博物館『赤道アフリカの仮面展』、『ラテンアフリカの音楽と楽器展』や『KENZO展』、『現代のジャワ更紗展』など、美術館の企画展でアートディレクションや会場構成なども手がける。産学連携では、二条城ライトアップ、松江武者行列他、多数のプロジェクトに取り組んでいる。常に「人に優しい空間とは何か」をテーマに、その活動範囲を広げている。