2019年2月27日(水)

「OPEN INNOVATION PROJECT(オープンイノベーションプロジェクト)」特設サイトを公開

大学案内

京都造形芸術⼤学は、1977 年の開学以来、「社会を変⾰する、新しい価値を発信し続ける⼈材の育成」を⽬標に掲げ、教育改⾰に取り組んできました。

本学の中期計画『⽠⽣⼭学園VISON2021』では、「芸術教育の社会実装による教育⼒強化」をテーマとして掲げており、全学的に産学公連携をもとにしたPBL 型学習(問題解決型学習)を強化しています。また、「課題の把握→アイディアの考案→アイディアの具現化→社会への公開と評価→アウトプットの質の向上」という教育プロセスを重視しており、学内のみならず企業や研究機関などから様々なアイディアを誘発するオープンイノベーションを⽣み出す教育システムを構築します。

今回、新たにスタートする「OPEN INNOVATION PROJECT(オープンイノベーションプロジェクト)」では、⽇本トップクラスの⼯房を活⽤して、企業や研究機関と連携。社会課題を解決し、価値創造を⽣み出すプロジェクトが機能するプラットフォームとしての役割を担います。

【特設サイト】https://oip.kyoto-art.ac.jp/