2019年11月26日(火)

【2020年4月着任採用】契約職員(副手)、(副手[技術員])、(テクニカルスタッフ)募集

大学案内

アート、デザインの"実践的な学びの現場"を、学生のもっとも身近な存在として支える仕事

京都造形芸術大学は、「芸術と哲学によって、新しい人間観、世界観の創造を目指す」という建学理念のもと、「人間力」と「創造力」を育み、特色ある教育手法と社会連携による実践的な学びによって、新たな価値を社会に発信し続けることのできる自立した人材の育成をはかっています。
その"実践的な学びの現場"を、学生のもっとも身近な存在として支えるのが、今回、募集する契約職員(副手)(副手[技術員])の仕事です。また教鞭をとるのは今まさに社会で活躍しているアーティストやデザイナー、クリエーターたち。こうした教員たちと共に学びの現場をつくっていけるのも、仕事の醍醐味のひとつです。
"芸術で社会を変える力をつくりだすことをめざす学生たち、その一人ひとりの夢と学びをサポートしながら、自分自身も成長していくことをめざしてみませんか。
ご応募をお待ちしています!
 
◆契約職員(副手)、(副手[技術員])(応募締切:2020年1月14日(月)【必着】
「やってみたい」に近づく、さまざまな芸術ジャンル全12学科、17名の応募!
(大学院、創造学習センター、美術工芸学科、キャラクターデザイン学科、マンガ学科、情報デザイン学科、プロダクトデザイン学科、環境デザイン学科、映画学科、舞台芸術学科、アートプロデュース学科、こども芸術学科)
 
◆契約職員(テクニカルスタッフ)ウルトラファクトリー/立体造形領域(応募締切:2020年1月20日(月)【必着】)
現代美術家ヤノベケンジ教授をディレクターとする世界基準の工房スタッフ。立体造形(金属、樹脂、木材加工等)領域2名の応募!
 
【問い合わせ先】
電話TEL 075‐791‐9122(代表)/人事企画課(平日9:00~17:30)