2020年4月1日(水)

学生の海外渡航について(海外渡航の原則禁止)

大学案内

〇海外渡航について (2020.3.31 更新)

海外における新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、日本政府及び各国・地域において出入国に関する新たな規制や検疫による隔離措置が、事前の予告なく取られる可能性が高まっております。

これに伴い、学生の海外渡航は、国・地域を問わず、改めて指示があるまで、原則禁止とします。

問い合わせ先:国際交流センター直通 ( 075-791-8207 )

 

〇日本への帰国後の対応について (2020.4.1 更新)

渡航先に関わらず、海外から帰国した学生のみなさんは、帰国後2週間の自宅待機及び健康観察(検温等)を行って下さい

大学には、帰国後2週間の待機を経て健康状態に問題が無いことが確認できるまで入構できません

 

以下の症状がある場合は、居住地の「帰国者・接触者相談センター」に相談するとともに、大学の準備室・研究室に必ずご連絡下さい。

・風の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患等)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は、上の状態が2日程度続く場合とする