2022年8月8日(月)

文芸領域 連続シンポジウム『小説/物語ジャンルの現在と未来』開催のお知らせ

通信制大学院

 

京都芸術大学 大学院(通信教育)文芸領域(2023年度開設予定)は、連続シンポジウム『小説/物語ジャンルの現在と未来』を開催します。(全3回/オンライン開催)

小説などの物語ジャンルでは今、いったい何が起こっているのか。
これから小説や物語を創作しようとする時、直面する課題や新しい可能性とは、いったい何なのか。
こうした事々について、物語表現のこれまでの歴史を振り返り、現在のありようを確かめながら、未来を展望します。

少しでも小説や物語に興味をお持ちの方なら、気軽にお聞きいただける内容です。ぜひご参加ください。

 

今後の開催予定:

『小説/物語ジャンルの未来③ ~物語創作・編集制作を実践的に学ぶには~』

2023年度に開設する京都芸術大学 大学院(通信教育)文芸領域のカリキュラム説明に加え、本領域の新しい試みと、さまざまな技術知や方法論を必要とする小説/物語表現のジャンルでは、いったい何をどのように学んだらよいのか、模索します。
また、この文芸領域では、紙媒体や電子媒体など幅広いフィールドで活動する編集制作者の養成にも力を入れていきますので、こうしたことの実際と展望についても、お話しします。


日時:2022年11月11日(金)19時~20時半 ※定員1,000名・先着順・参加無料

開催形態:Zoomウェビナー

登壇者:辻井南青紀(司会進行、文芸領域長・作家)×池田雄一(文芸評論家・文芸領域教員)

▼11/11開催分 お申込みはこちら

https://cc.kyoto-art.ac.jp/webapp/form/19365_vqcb_264/index.do

 

京都芸術大学 大学院(通信教育)文芸領域

作家になりたい方、あるいは編集制作や記事執筆で独自のメディア活動を志す方など、書くことを仕事やライフワークとしたい方を対象とする、本格的な指導の場です。「小説創作」または「編集制作」ゼミに所属して各分野の専門家の指導を受けつつ、皆さんの内に眠っている「言葉の世界」をよりかにし、高め、ゆくゆくはそれぞれの道のプロフェッショナルを目指せるレベルへの到達を目指します。

▼文芸領域紹介ページ

https://www.kyoto-art.ac.jp/tg/field/literature/

 

---
京都芸術大学 入学課(通信教育課程)
フリーダイヤル: 0120-20-9141 (月~土 10時~16時/日祝休)
E-mail: tsushin@office.kyoto-art.ac.jp
通信教育部Facebookページ: https://www.facebook.com/kua.tsushin/