開催中のイベント
展覧会
和中庵を読む 書物としての建築
2018年12月11日 〜 2018年12月16日
大学院の教員・大学院生と歴史遺産学科の共同による展覧会
映像・舞台
ブルーエゴナク 新作「sad」
2018年12月14日 〜 2018年12月16日
在校生、卒業生が参加します!!
展覧会
石のお金と傾いた時計 ― 四つの視点
2018年12月05日 〜 2018年12月21日
大学院グローバル・ゼミ生による初めての企画展
展覧会
『Arts and Apes』
2018年12月11日 〜 2018年12月21日
芸術とは何か。人間とは何か。― ヒト以外のヒト科の作品展
展覧会
顧 剣亨 個展 Utopia
2018年11月24日 〜 2018年12月22日
KG+ Awardグランプリ受賞・卒業生の顧 剣亨さんの個展

『Arts and Apes』

芸術とは何か。人間とは何か。― ヒト以外のヒト科の作品展

日程 2018年12月11日(火)〜 2018年12月21日(金)
時間 10:00 〜 18:00(最終日 15:00まで)
場所 瓜生山キャンパス 人間館エントランス・ラウンジ
カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

 12月11日-21日、京都造形芸術大学にて大型霊長類の絵画作品展『Arts and Apes』を開催します。

 本学学長室に飾られているチンパンジー・アイの絵をはじめ、手話をおぼえたゴリラのココ、キーボードによる図形文字を覚えたボノボのカンジ、動物園で毎日絵を描いていたオランウータンのモリ―の作品など、国内外の類人猿の力作を集めました。自由で大胆な筆づかいには、それぞれの「画風」もあります。

 文明哲学研究所のテーマ「芸術とは何か、人間とは何か」という問いを、進化の隣人であるかれらの絵から考える機会として企画した、この絵画展。展示企画・演出を担当するのは、本学のキャラクターデザイン学科。学生が制作したオリジナルキャラクターによるアニメーションで展示内容を紹介します。マンガ学科はポスターデザインと展示装飾を担当、情報デザイン学科にも展示でご協力いただきました。


 芸術とは何か。人間とは何か。
 ヒト以外のヒト科の作品展『Arts and Apes』


みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。


——————————————————————————–


『Arts and Apes 』
芸術とは何か。人間とは何か。-ヒト以外のヒト科の作品展

会期:12月11日(月)~21日(金) 10:00-18:00(最終日15:00まで)
場所:京都造形芸術大学 人間館エントランスラウンジ
出品作家:
アイ、サラ、パン、ポポ、パル、クロエ、ロイ、ジャンバ、ツバキ、ミズキ、ミサキ、イロハ(以上チンパンジー)、カンジ、パンバニーシャ(以上ボノボ)、ココ(ゴリラ)、モリー(オランウータン)

主催:京都造形芸術大学文明哲学研究所、京都造形芸術大学
共催:キャラクターデザイン学科(展示企画・演出)
   マンガ学科(ポスターデザイン・展示装飾)
   情報デザイン学科(展示協力)
   公益財団法人日本モンキーセンター
   京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院


—————————————————————–


【関連イベント】

講演「絵筆をもった類人猿―芸術の起源を探る」(文明哲学研究所 齋藤亜矢)

日時:12月14日(金)18:15~19:30
場所:京都造形芸術大学人間館 NA412
 *講演終了後も展示をご覧いただけます



■費用 無料
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学 文明哲学研究所、京都造形芸術大学
■お問合せ 京都造形芸術大学 文明哲学研究所
■URL https://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/
関連機関 キャラクターデザイン学科 / マンガ学科 / 情報デザイン学科