2022年11月10日(木)

【開催決定】文化創生分野、保科ラボの説明会を実施します!

大学院

11/20(日)に文化創生分野、11月27日(日)に超域制作学プログラム 保科ラボの説明会の開催が決定しました。

出願締切直前に教員と面談が可能な最後の機会!検討中の方もぜひご参加ください。

このたび、京都芸術大学大学院では、芸術環境専攻文化デザイン・芸術教育領域の説明会を開催します。
 
同領域は2023年度から新たなカリキュラムに改編され、遠隔授業と集中授業とを併用した、社会人にとって学びやすい授業形態となります。
 
出願を検討いただいている方はもちろん、少し興味があるけど働きながら学べるか不安に思っている方もぜひご参加いただき、直接教員にご相談ください!
 
▼11/20(日)文化創生分野 申込フォーム
https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/?f=317
 
▼11/27(日)保科ラボ 申込フォーム
https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/?f=316
 
--------------
 
【文化創生分野 入学説明会詳細】

日時|2022年11月20日(日)17:30〜18:30(予定)
担当教員|松井利夫(陶芸・美術家)、奥山理子(みずのき美術館キュレーター)、上村博(芸術学研究者)
開催形式|オンライン
 
芸術は単に個人の表現のためにあるのではなく、人々の福祉や生きがい、また土地の文化や自然と調和した生活環境を作るものでもあります。本領域では、デザインや芸術を通じて、ひと、モノ、風土を育てる人材を輩出することを目指しています。
 
今回の説明会では、特に「文化創生分野」(地域文化デザインおよび芸術教育)でどのようなテーマの修士研究をどのように進めるのかということを、授業に携わる教員からご説明するとともに、参加者からのご質問も受けつけます。
 
▼文化創生分野 申込みフォーム
https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/?f=317
 
--------------
 
【超域制作学プログラム 保科ラボ 入学説明会詳細】
日時|2022年11月27日(日)17:00〜19:00(予定)
担当教員|保科豊巳、大橋文男、上村博
開催形式|オンライン、対面
対面会場|京都芸術大学東京外苑キャンパス 211教室(東京都港区北青山1丁目7-15)
 

保科ラボは、社会人学生の受講を前提に、東京での年間6回の対面ゼミ、長野ほかでの年間2回の現地フィールドワーク、それにオンラインでの遠隔指導を併用した修士課程です。
 
本説明会では、保科ラボでの教育目標や年間の授業進行のあらましをお伝えするともに、本ラボで遂行可能な研究テーマについて、参加者と指導担当の保科豊巳教授とで質疑応答を行います。
 
▼保科ラボ 申込フォーム
https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/?f=316
--------------
 
申込後、参加方法の変更を希望される方はご連絡をお願いいたします。
 
▶︎文化デザイン・芸術教育領域紹介ページ
https://www.kyoto-art.ac.jp/graduate/configuration/cultural/
 
▶︎2023年度大学院芸術専攻・芸術環境専攻 募集概要
https://www.kyoto-art.ac.jp/graduate/admission/outline/
後期日程出願期間|2022年11月23日(水・祝)~12月5日(月)消印有効
 
ご不明な点がございましたら以下までお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
………………………………………
 
〈お問合せ先〉
京都芸術大学 アドミッション・オフィス
電話番号:0120-591-200
メール:graduate@office.kyoto-art.ac.jp