2020年4月8日(水)

「京の米老舗 八代目儀兵衛」はお米で家族同士を繋げるコミュニケーションギフト「しおくり米」を発売開始。京都芸術大学と産学連携

プレスリリース

普段言葉で伝えづらい小言や想いを

お米にのせて届ける「家族孝行ギフト」を開発

コロナ禍の中、外出自粛で直接会えない家族同士の絆が深まります

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋、株式会社八代目儀兵衛(代表取締役社長:橋本隆志 以下、八代目儀兵衛)は、これまで「お米に想いを米(こめ)たギフト」を商品開発し、販売をしてきました。この度、お米を家族間のコミュニケーションツールにした新商品「しおくり米」を4月8日からオンランショップ(https://www.okomeya.net/)にて販売を開始いたします。また、学校法人瓜生山学園 京都芸術大学(旧名称 京都造形芸術大学、京都市左京区、学長:尾池和夫 以下、京都芸術大学)と産学連携し、大学生の意見を取り入れて商品開発を行いました。コロナ禍の中、離れて暮らす家族同士も会えない日々が続いています。八代目儀兵衛は、少しでも家族の絆を深めるお手伝いができたらと考えております。

 

お米で家族同士を繋げるコミュニケーションギフト「しおくり米」
「しおくり米」は、普段言葉で伝えづらい小言や想いをお米にのせてお届けし、家族同士を繋げるギフトです。そもそも日本人にとってお米は、乳幼児期の離乳食から始まり、主食として一生食べ続けていく大事な食べ物です。また、一般的な「しおくり」としても、お米は貰って困らないものとしても選ばれています。
近年、家族間のコミュニケーションは、メールやSNSなどのデジタルなコミュニケーションが主流となる中、お米をアナログなコミュニケーションツールとして、お米に想いをのせ、近況報告と一緒にお届けすることで、家族の絆が深まるきっかけになると考えています。
「離れて暮らす娘に美味しいお米を食べて欲しい。」「一人暮らしの自炊を頑張っている息子にたまには美味しいご飯を食べてほしい。」「普段お世話になっている感謝を、子ども(孫)の成長している様子を一緒に届けたい。」「離れて暮らす両親に素敵な贈り物がしたい。」など、「親から子へ」「子から親へ」の家族孝行をお手伝いいたします。
商品に使用しているお米は、八代目儀兵衛店主・橋本隆志(五ツ星お米マイスター)がブレンドした最高級ブレンド米「翁霞(おきなかすみ)」です。ひと口食べれば、コクのある濃厚な甘みがとろけるように広がり、すっと喉奥に吸い込まれる淡雪のような喉越しと深い余韻が特徴的なお米です。ミシュラン星付き料理人も愛用するお米で、お米の美味しさも実感いただけるギフトになっております。

■「しおくり米シリーズ 親ごころ」の特長 -親から子へ。おせっかいな小言をのせて
 
 
〇お米で伝える「親ごころ」
1合パック12個入りで、毎回お米を取り出すたびに、親からの小言メッセージが入ります。最後に取り出す12個目のお米には親からのオリジナルのメッセージカードが貼られた、まごころをお届けできるギフトです。
 
〔金額〕  3,222円(税込3,480円)
〔商品内容〕お米1合×12個
※全国送料無料(但し、沖縄県は税別750円、北海道は税別450円のご負担をお願いします。)
 
■「しおくり米シリーズ 子ごころ」の特長 -子から親へ。感謝の言葉をのせて
 
 

〇お米で出来る「親孝行」

1合パック12個入りで、毎回お米を取り出すたびに、親への感謝の気持ちのメッセージが入ります。写真入りカレンダーも一緒にお届けでき、近況報告と一緒にお米をお届けいたします。
 
〔金額〕  3,222円(税込3,480円)
〔商品内容〕お米1合×12個
※全国送料無料(但し、沖縄県は税別750円、北海道は税別450円のご負担をお願いします。)

 

■「京都芸術大学」の大学生と一緒になって、親と子どもの双方が喜ぶ仕掛けづくり
  12名の学生たちと「しおくり米シリーズ 親ごころ」のプロダクトデザインを考えました。「しおくり米」をもらう子どもの立場とそれを贈る親の立場の双方が喜ぶ仕掛けとして、親元を離れて一人暮らしして初めて分かる親の有難みを感じる「おせっかいな小言」をお米にのせ、最後にはオリジナルのメッセージカードを添えるなど、普段はメールやSNSなどのデジタルなコミュニケーションでは伝えきれない想いをお米にのせて、お届けします。
また、自炊する学生の生活環境に合わせて、長持ちできる真空パック仕様の1合食べ切りサイズでパッケージしました。
 
 
【株式会社八代目儀兵衛 会社概要】
  京都に代々続く老舗米屋“八代目儀兵衛(はちだいめぎへえ)”。今までのお米の価値観を変えるため、お米のギフト事業の展開、京都祇園・東京銀座・成田国際空港に”ごはんを食べる”体験型アンテナショップの展開、お米のコンテスト「お米番付」の開催など、幅広い活動でお米業界を盛り上げるトータルプロデュース企業。他業種企業ともコラボレーションも多数実施している。
 
【企業プロフィール】
2006年8月8日 株式会社 八代目儀兵衛 設立
2007年      フォーマルギフトにて「十二単 満開」が大賞を受賞
2009年10月    京都祇園八坂神社前に「京の米料亭八代目儀兵衛」をオープン
2011年     楽天2011年上半期ギフトランキング 内祝い部門 1位 以降3年連続
2011年 7月      楽天EXPO 2011 特別アワード受賞
2013年4月    ベネッセライフスタイルウィモショップアワード2012 ギフト部門グランプリ受賞
2013年10月  「銀座米料亭 八代目儀兵衛」を銀座五丁目にオープン
2013年11月  五感を通じて「甘いお米」を目利きするコンテスト「お米番付2013」を開催 以降6年連続
2014年1月   株式会社 カプコン「戦国BASARA4®」コラボレーション商品発売
2015年3月  「OMOTENASHI Selection 2014」金賞受賞
2016年11月     成田国際空港第1ターミナルに体験型アンテナショップ「gihey」をオープン
2017年10月  デルタ航空成田空港内ラウンジにて、期間限定イベント「Rice Bar」をオープン
2017年10月  五感で味わい、豊かな感性を育む。体験型能力開発プログラム「myTaste」リリース
2017年11月  先輩ママの声から誕生した 出産内祝い専用ギフト「BABY RISE」をリリース
2018年5月     富士山の天然水『フレシャス』とコラボレーションイベント「薫亭」を銀座米料亭で開催
2018年10月  上海八代目貿易有限会社と中国における代理店販売契約を締結
2018年10月  原料提供及び開発協力したお米の化粧品「米一途(コメイット)」が販売開始
2019年5月  株式会社日立GLSのIHジャー炊飯器「ふっくら御膳」の開発協力
 
 
【株式会社 八代目儀兵衛 本社住所】
〒600-8883 京都市下京区西七条北衣田町10    
Tel:075-201-5684  Fax:075-200-3518
【本件に関するお問い合わせ】
広報担当者:松下 祐
電話: 090-3959-2175(直通)  メール:matsushita@okomeya.net