2022年2月21日(月)

片岡真実(森美術館館長・本学客員教授)× 浅田彰(本学教授)。3/4(金)現代アートを取り巻く状況についてトークセッションを開催!

プレスリリース

⽚岡真実が構想し浅⽥彰が所⻑を務める現代アートの研究機関 ICA京都(Institute of Contemporary Arts Kyoto)を京都芸術⼤学が設⽴。3月4日(金)14:00~16:00 京都河原町クエスチョンビルにて、記者発表会とトークセッションを開催します。

片岡真実(森美術館館長・客員教授)

 

京都芸術大学(京都市左京区/学長・吉川左紀子)は、2020年4月、大学院芸術研究科の附置機関として、現代アートの研究機関「ICA京都(Institute of Contemporary Arts Kyoto)」を設立しました。

現代において、美術館、ビエンナーレ、ギャラリー、アートフェア、レジデンスなど現代アートを取り巻く状況は極めて複雑化しており、アーティスト、キュレーター、研究者といった現代アートを志望する人材が、実社会でグローバルな世界と接続していく道のりは単純ではありません。また、京都は⽇本伝統⽂化が深く根付いた世界でも⽐類のない場です。その社会的、歴史的、⽂化的な⽂脈に⽴ちながら、現代の京都がいかにグローバルな現代アートの動向と呼応し、共に新しい価値を創出しうるのかも考えていく必要があります。ICA京都はこうした問いを共有しながら、京都と世界を繋ぐ、開かれたプラットフォームとして開設されました。
本記者発表会では、ICA京都の設立の趣旨及び今後の活動について、中心メンバーが直接ご説明をさせていただきます。併せて所長・浅田彰、顧問・片岡真実による、現代アートを取り巻く状況についてのトークセッションを開催します。

 

ICA京都 開設記者発表会・トークセッション
※要申込。⼀般の⽅々もZoomでの参加は可能です。

⽇時:2022年3⽉4⽇(⾦)14:00〜16:00 ※13:30より受付開始

■プログラム 第⼀部
14:00〜14:20 記者発表

■プログラム 第⼆部
14:20〜15:50 浅⽥彰と⽚岡真実によるトークセッション
15:50〜16:00 質疑応答

場所:対⾯とZoomの同時開催
【対⾯】
京都河原町クエスチョンビル 4F COMMUNITY STEPS(レンタル・スペース)
https://question.kyoto-shinkin.co.jp/access/

【Zoom】
お申込のアドレスにミーティングIDをお送りいたします。
※記者発表のみ、トークイベントのみのご参加も可能です。

登壇者 / ICA京都 スタッフ
所⻑ 浅⽥彰(批評家、京都芸術⼤学教授)
顧問 ⽚岡真実(キュレーター/森美術館館⻑、京都芸術⼤学客員教授)
副所⻑ 中⼭和也(アーティスト、京都芸術⼤学教授)
Realkyoto Forum 編集⻑ ⼩崎哲哉(ジャーナリスト/アートプロデューサー、京都芸術⼤学教授)
レジデンシーズ・コーディネーター ⽯井潤⼀郎(アーティスト)
プログラム・ディレクター ⼤坂紘⼀郎(キュレーター/ギャラリスト、京都芸術⼤学客員教授)

 

ICA京都の主要な機能
・国際シンポジウム、トークセッションの企画・運営
・批評、インタビュー、トーク等を通した議論の場――Realkyoto Forum
・アーティスト・イン・レジデンス⽀援
・特別研究員の受⼊、ネットワーキング⽀援、共同研究
※その他、京都芸術大学大学院芸術研究科グローバル・ゼミと連動し、芸術教育の発展にも寄与します。https://icakyoto.art/

 

所長プロフィール

浅田彰(あさだ・あきら)

京都大学卒業。京都大学経済研究所・准教授を経て、京都芸術大学教授。哲学・思想史のみならず、多種多様な分野において批評活動を展開している。著書に『構造と力』、『逃走論』、『ヘルメスの音楽』、『映画の世紀末』、『20世紀文化の臨界』など。

 

顧問プロフィール

撮影:伊藤彰紀


片岡真実(かたおか・まみ)

ニッセイ基礎研究所都市開発部研究員、東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーターを経て、現在森美術館館長、京都芸術大学大学院客員教授、東京藝術大学客員教授。国内外にてインターナショナル・キュレーター、芸術監督を務め、日本及びアジアの現代アートを中心に執筆・講演等も多数行っている。

 

★一般の方々でZoomでの参加をご希望の方は、以下フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/kAZUnUvsvgzmvkyj6

新型コロナウイルス感染症拡散予防対策について
ICA京都は、感染拡大の防止に細心の注意を払い、記者発表・トークセッションを実施いたします。
会場にお越し下さるみなさまにおかれましても、感染拡大予防の趣旨をご理解いただき、以下の通りご協力をお願いいたします。
■発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、ウェビナーでの参加に変更をお願いいたします。
■感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。
■手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
■入口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。
■十分な間隔(1m以上)を空けて着席するようお願いいたします。


ーーー以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。ーーー


★取材をご希望の場合、誠にお手数ですが、以下必要事項をご記入のうえ、3月3日(木)15:00までにメールにてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
Zoom配信URLをお申込みのメールアドレス宛にお送りいたします。

京都芸術大学 広報課 宛
e-mail:kouhou@office.kyoto-art.ac.jp

①参加形式(ご来場またはZoom)
②貴社名
③媒体名
④ご所属
⑤ご芳名 
⑥電話番号
⑦ご来場人数
⑧ご質問等ございましたらご記入ください

※当日、受付時間に合わせてお越しいただける場合、飛込の取材もお受けできます。その場合は事前に京都芸術大学広報課(075-791-9112)までお知らせください。