2022年10月18日(火)

【10月21日発表式典のご案内】アフターコロナの海外でニーズ高まるオンデマンド製本機に京都芸術大学生のジャパン×キャラクターデザインが登場!

プレスリリース

■トピックス
・アフターコロナの海外でニーズの高まるオンデマンド印刷製本に向け、京都芸術大学と株式会社ホリゾンがコラボし、近未来のロボット製本システムをデザインしました。
・10月21日に株式会社ホリゾン京都本社にてデザイン発表式典を行います。
・11月24日~28日の期間、IGAS2022(東京ビッグサイト)にて、デザインラッピングされたシステムを展示いたします。

 

ラッピング予定の「富嶽三十六景」「三大美人」をモチーフにしたデザイン案

 

学校法人瓜生山学園 京都芸術大学(京都市左京区、学長:吉川 左紀子、以下「京都芸術大学」)と株式会社ホリゾン(本社:滋賀県高島市、代表取締役社長:堀 英二郎、以下「ホリゾン」)は、京都芸術大学の社会実装プロジェクトの一環として、ホリゾンがIGAS 2022 国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展/International Graphic Arts Show 2022(IGAS2022)にて出展する製本システムを協働してデザインラッピングいたします。

 

左図:ラッピング前の製本システムとその他のラッピングデザイン案の例 右図:京都芸術大学とホリゾンとのディスカッションの様子

 

・デザイン発表式典 開催概要
10月21日に株式会社ホリゾン京都本社にてデザイン発表式典を行います。当日はデザインが採用されたキャラクターデザイン学科2回生秋元咲来さんや京都芸術大学関係者、ホリゾン代表者が出席。ロボット製本システムはラッピング前の状態になります。

日時:10月21日(金) 受付13:10~ 式典13:30~
場所:株式会社ホリゾン 京都本社
京都府京都市南区久世東土川町242 電話075-921-9211(代)

<取材に関するお問合せ>
取材にてご出席いただく際は下記までご一報ください。
株式会社ホリゾン 広報課 板楠(いたくす)070-2455-1574

 

・取組内容
スマートファクトリーとして効率的な印刷製本の作業環境を考えるにあたって、京都芸術大学 芸術学部 キャラクターデザイン学科と株式会社ホリゾン 戦略企画本部 ブランドデザイン課が協働し、業務用製本機器の外観イメージを刷新することに取り組みました。参加学生からは「紙飛行機」、「龍」、「同人誌文化」、「ゲームセンター」、「花札」など紙や日本文化をモチーフにした多種多様なアイデアが生まれました。いずれも魅力的なデザインでしたが、IGASは海外来場者も多いことから、浮世絵の「富嶽三十六景」「三大美人」をモチーフにコミカルにアレンジした秋元咲来さんのデザイン案が採用されました。IGAS2022(東京ビッグサイト東6ホールSmart Factory Zone)にてラッピングされた実機が展示されます。


・出展するロボット製本システムについて
今回ラッピングする無線綴じ製本機iCE BINDER BQ-500と三方断裁機iCE TRIMMER HT-300は、デザイン賞を受賞するなど株式会社ホリゾンを代表する製品です。今回のIGAS2022では、さらにロボットアームによる冊子自動投入や自律走行ロボットによる冊子自動搬送などでスマートファクトリー化につながる「近未来のロボット製本システム」をデモンストレーションします。


・今後のスケジュール
10月21日:デザイン発表式典(詳細は開催概要の項目参照)
11月24~28日:IGAS2022にて展示
11月25日:京都芸術大学関係者とホリゾン関係者が揃っての取材が可能


・IGAS2022について https://www.igas-tokyo.jp/2022/f3/

本展示会は、プリプレス、プリメディア、印刷、製本、紙工、ラベル、パッケージング、クロスメディア関連の最新機材・技術・サービスを一堂に会した国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展です。最新技術や様々なソリューションを提案するとともに印刷産業の未来を展望できる場とします。また、ビジネス・人材の国際交流を図り、印刷産業および関連産業の活性化と興隆に貢献します。(IGAS2022ホームページより)

開催期間:2022年11月24日(木)~11月28日(月) 5日間
開催会場:東京ビッグサイト



・社会実装プロジェクトとは
京都芸術大学は、開学の理念として「藝術立国」、「京都文藝復興」を掲げ、「社会の変革に役立てる人材の育成」を教育目標に掲げており、その中でアート・デザインの力を活かして、企業や自治体の抱える課題に取り組む「社会実装プロジェクト」を展開しています。既存の概念にとらわれない学生ならではの視点で新たな価値を創出することで、商品開発やまちづくり、イベント創出などの産学連携を行なっています。


■学校法人瓜生山学園 京都芸術大学 https://www.kyoto-art.ac.jp/
13学科23コースからなる国内最大規模の総合芸術大学です。芸術を通して社会で必要な力を育成しています。芸術を学んだ学生が社会を変える「藝術立国」を教育目標に掲げ、通学課程では特に “社会と芸術”の関わりを重視した芸術教育を推進。企業や自治体などが抱える課題を、学生たちがアート・デザインの力で解決する「社会実装プロジェクト」が年間100件以上あります。学科を超えたグループワークや実際の仕事を通して、社会性を備えた表現者を育成しています。
住所:〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116

学科編成:13学科23コース(美術工芸学科、マンガ学科、キャラクターデザイン学科、情報デザイン学科、プロダクトデザイン学科、空間演出デザイン学科、環境デザイン学科、映画学科、舞台芸術学科、文芸表現学科、アートプロデュース学科、こども芸術学科、歴史遺産学科)
在籍者数:3,926名(芸術学部 正科生、2022年5月現在)


■株式会社ホリゾン https://www.horizon.co.jp/
印刷(プレス)の後(ポスト)に、さまざまな紙加工を行う産業用機器(=ポストプレス機器)事業をスタートした20年以上前から「印刷製本工場の自動化」を掲げ、高度な自動制御に取り組んでいます。印刷の後工程である紙加工において、その主流となる「糊綴じ」「針金綴じ」「紙折」「断裁」「丁合」の5カテゴリーを持つ、世界で唯一のポストプレス機器メーカーです。世界トップクラスのシェアを誇る株式会社ホリゾンは、マーケティングからR&D、製造、販売、アフターサービスまでをグループで手掛けています。自社の一貫体制の強みを活かし、時代に応じた変化を遂げたことで、世界中の多くのユーザーから高く評価され、業界内で唯一無二の地位を確立しています。