2022年11月14日(月)

京都芸術大学と鹿児島県姶良郡湧水町との連携協力に関する協定を締結しました

プレスリリース

トピックス
・11月11日(金)にオンライン調印式を執り行い、連携協力協定を締結しました。
・2017年から、京都芸術大学と湧水町は、町民へのワークショップやオブジェの共同制作、作品展示会などの文化芸術活動を行ってきました。
・本連携協力協定を通じて、さらなる文化芸術の振興及び地域の発展に貢献してまいります。

 

オンライン調印式(左:湧水町 池上滝一町長、右:京都芸術大学 吉川左紀子学長)

京都芸術大学(京都市左京区、学長:吉川左紀子)と湧水町(鹿児島県姶良郡、町長:池上滝一)は、文化芸術の振興及び地域の発展を目的に、11月11日(金)にオンライン調印式を執り行い、連携協力協定を締結しました。

オンライン調印式の様子

・概要

京都芸術大学は、湧水町及びスタジオアートキリシマ有限会社(湧水町、取締役:境内和美)と連携し、2017年から湧水町民へのワークショップやオブジェの共同制作、作品展示会などの文化芸術活動を行ってきました。それ以前にも、湧水町に所在する霧島アートの森にて本学の教員の椿昇や名和晃平の展覧会が開催されるなど深いつながりを持っております。今後は、今回締結した連携協力協定を通じて、文化・芸術、教育・子育て、産業、協働によるまちづくり等のさまざまな分野において、双方の活動の充実を図るとともに、文化芸術の振興及び地域の発展に貢献するとともに、今後も産学公連携(産:スタジオアートキリシマ有限会社、学:京都芸術大学、公:湧水町)を推進してまいります。(※京都芸術大学とスタジオアートキリシマ有限会社は2019年より連携協力協定を締結しております。)

2022年の湧水町でのワークショップの様子

 

・京都芸術大学 吉川左紀子学長のコメント


アートの力を活かし地域社会の発展に貢献することは、本学が創設以来重視してきた教育理念です。湧水町と本学とのつながりは長く、これまで、アート展覧会やワークショップなど町民の皆様とともにさまざまな活動を行ってきました。今回の包括連携協定締結を機に、湧水町の皆様とアートの魅力を共有する機会が増えることを願っています。

・湧水町 池上滝一町長のコメント


湧水町では、「人と自然が織りなす芸術のまち 心豊かで伸び行く美しいまち」を将来像に掲げ、芸術の持つ力を活かし町の活性化に取り組んでいます。今回の包括連携協定締結を機に、京都芸術大学の協力関係をさらに深め「芸術のまち」湧水町の魅力を発信してまいります。

 

■京都芸術大学 https://www.kyoto-art.ac.jp/
13学科23コースからなる国内最大規模の総合芸術大学です。芸術を通して社会で必要な力を育成しています。芸術を学んだ学生が社会を変える「藝術立国」を教育目標に掲げ、通学課程では特に“社会と芸術”の関わりを重視した芸術教育を推進。企業や自治体などが抱える課題を、学生たちがアート・デザインの力で解決する「社会実装プロジェクト」が年間100件以上あります。学科を超えたグループワークや実際の仕事を通して、社会性を備えた表現者を育成しています。
住所:〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116
学科編成:13学科23コース(美術工芸学科、マンガ学科、キャラクターデザイン学科、情報デザイン学科、プロダクトデザイン学科、空間演出デザイン学科、環境デザイン学科、映画学科、舞台芸術学科、文芸表現学科、アートプロデュース学科、こども芸術学科、歴史遺産学科)
在籍者数:3,926名(芸術学部 正科生、2022年5月現在)

■湧水町 https://www.town.yusui.kagoshima.jp/
霧島連山と九州山脈矢岳支脈に挟まれた場所にある湧水町は、清らかな水に恵まれ、名水百選や疏水百選も生まれています。霧島アートの森など、芸術を身近に感じられる町づくりに取り組んでいます。
湧水町役場住所:〒899-6292 鹿児島県姶良郡湧水町木場222番地
人口:8,710人(2022年9月末現在)
世帯:4,656世帯(2022年9月末現在)